学生アクティブリーダー@ふくしま

ホールアース福島校が実施する、自然体験や体験学習・環境教育に興味のある学生・若手社会人向けの年間講座(一部参加、途中参加OK!) 参加費無料、現地集合・現地解散(最寄駅までの送迎は可)、受動型ではなく能動相互創出型の講座です! 県内・県外含めたネットワーク作りと、将来的に学校や地域、自分の子どもや周りの子どもたちと一緒にアウトドアで遊びたい!自然のことを知って伝えたい!仲間が欲しい! 参加してくれているみんなが、活動している様子を発信してくれているブログがこのブログです! みなさんの参加をお待ちしています!お気軽にどうぞ~^^

ホールアース福島校が実施する、自然体験や体験学習・環境教育に興味のある学生・若手社会人向けの年間講座(一部参加、途中参加OK!)
参加費無料、現地集合・現地解散(最寄駅までの送迎は可)、受動型ではなく能動相互創出型の講座です!
県内・県外含めたネットワーク作りと、将来的に学校や地域、自分の子どもや周りの子どもたちと一緒にアウトドアで遊びたい!自然のことを知って伝えたい!仲間が欲しい!
参加してくれているみんなが、活動している様子を発信してくれているブログがこのブログです!
みなさんの参加をお待ちしています!お気軽にどうぞ~^^

今年度もはじまります!

「学生アクティブリーダー養成講座」

今年は専門講習のために後期の回数を削減。
職人になる日ということで自然のものをつかってピザ釜を作りたいと思います!
夏までには鶏舎も建てたいですし、まだまだ蔵や屋根裏、屋根の改修も・・・やりたいことはたくさん!
前期のキャンプ技術や野外技術、夏のキャンプ実習に、秋以降の専門スキル講習!
今年度も盛りだくさんで、楽しんでいきましょーーー!!

(自称・他称)若手の社会人の方も実費いただいてご参加いただけます!
学生たちのこれからを応援したい方、環境教育・自然体験を伝えていきたい方、お待ちしておりますよー♪


image-0001
image-0002






































以下、応募用紙。

参加された日に書いていただいてもOKです!
とりあえず参加ご希望の方は、ご連絡ください♪

2015申し込み表2015申し込み裏

IMGP7013 IMGP7042

「身近なモノの始まりを知る」ということで、羊毛からの糸紡ぎ・コースター(orしおり)作りを行いました☆ 事前のお知らせによると持ち物には「挫折しない心」。確かに根気のいる作業ではありましたが、各々工夫しながらじっくり楽しい作業となりました~。

 続きを読む


DSCF0061


















青空ドーン!


めずらしく晴れた空の下、福島アクティブリーダー講座がはじまりました。

第8回の2月講座は 「雪原へ IN TO THE SNOW FIELD」


ブログは今回初参加、北海道から来ましたジロウが担当します。
すこし自己紹介をしますと、
去年、ホールアースの富士山本校で6ヶ月間修行をしており、
現在は、北海道教育大学の3年目で初等教育について学んでいます。

今回たまたま宮城にきており、いきおいとまらず福島校にやってきました。
ちなみに「國島岳」という超カッコイイ本名があります。

これからもひょっこり参加する予定なので、みなさんよろしくおねがいします!


それでは、2月講座をはりきってお送りします。

今回のプログラムは
【イグルー作り】と【ワカサギ釣り】

参加メンバーは
ふじさん、りってぃさん、だださん、わたるん、かいと、ゆーやん、(ちょこっと)わっしー、初参加の「しめじ」と「ゆったん」、じろう、そしてスタッフのワダキさん、ペコさんの総勢12名!

しめじとゆったんは富士山本校の学生向け講座「学生リーダー」のメンバーで、
こちらもたまたま宮城にいて、こちらもいきおい余って福島へ。
2人もこれからもひょっこり現れると思うので、よろしくおねがいします。ヒュ~(先輩風)

DSCF0087














7日 

裏磐梯ビジターセンターに集合し、不動滝の駐車場で出発の準備を。
そこからスノーシューで森の中へ!小野川湖のキャンプ場を目指します。

IMGP6680IMGP6678











ズンズン進みます。森の中のはずなのにカーブミラーがありました。

一生懸命ラッセルラッセルして、小野川湖のキャンプ場に到着。


小屋の確認や水の確保、雪ダイブなど一通りの準備を済ませたら、まずは腹ごしらえ!
即席の満天青空レストランでみんなでお昼ご飯です。


P2070029















シチュエーションでうまい飯がめちゃくちゃうまい飯へ!外ご飯のいいところですね。

そしていよいよイグルーを作り始めます!!このとき13時30分。
イグルーとはツンドラ地帯で生活するイヌイットの知恵から生まれた住居形態で、
雪でブロックを作り、それを積み上げて作ります。かまくらのようなドームが完成形です。

なんとみんなイグルー作りは初めて。日没までに完成するのでしょうか!?

P2070030


















ここから、ブロックをつくる建材業者、運び屋、積み士にわかれて作業します。


P2070035


















崩れにくく頑丈と評判のDADA建材と軽さが売りのりってぃ建材と生まれもっての運び屋顔の運び屋さんです。

ブロックを作っては運んで積み、作って運んで積み、、、を繰り返し、半径3mの巨大イグルーは順調に出来上がってきています。


IMGP6691












おっと、運び屋さんが材にケチをつけています。
うそです。労いの言葉をかけてくれているのです。運び屋さんも材をひとつひとつ運んでくれてありがとう!


ここからがイグルー作りの本番です。
ドーム状にするために徐々に傾斜をつけていくのですが、これが難しい!
傾きが小さいとドームにならないし、大きすぎると崩れてしまう。

P2070041











左官士ワダ・フジがうまいことしてくれています。


しかし徐々に太陽は沈んでいき、みんなの笑顔は減っていき、、、

そんなときにゆーやんが登場。仲間が増えて心強いです!


されど日は沈む。
ヘッドライトを装着し作業続行です。はたしてイグルーは完成するのか!?


もう雪との戦いです。
中では積んでは崩れる雪と戦って、外では雪を切って切って切りまくって材を作ります。

ここでわっしーが登場し、アドバイスと和みをくれます。


そしていよいよ、、、

最後の難関、屋根がつき、、、


IMGP6707













小野川湖キャンプ場史上最大のイグルーが完成!!!

 DSCF0071
















溢れる達成感。どうだ大人の本気は。

そして直後にこみ上げる空腹感。そうだ腹が減った!

なんとこのとき22:00。8時間半、イグルーを作っていたのです。時間も忘れて作業していました。


わっしーこと内装業者さんがテーブルと椅子を作り、
裏でペコさんとりってぃさんが作ってくれていた豆乳鍋を運び、お待ちかねの夜ご飯です。

パノラマイグルー








IMGP6709IMGP6713











うーん、格別!


おいしい鍋でホッとしてたら、バースデーソングが。

なんと、二日前にかいとが19歳に!おめでとう~!ロールケーキでお祝いです。

P2070055















ケーキを食べて、お酒を飲んで、楽しんだあとは、明日のワカサギ釣りに向けて就寝。


夕飯会場だったイグルーはあっという間にアイスホテルになり、
もみくちゃになりながら就寝。

DSCF0074
















興奮で寝れないかと思いきや、5秒で寝ました。



8日

5時に起床し、パパッと片付けをしてワカサギ釣りへ!
ワカサギは朝が早いですね。

月光が残るなか、スノーシューで再び森を歩き、車に乗って小野川湖の対岸へ。


真っ白な湖面にゴリゴリ穴を開け、短い竿を持って、ワカサギ釣るぞ!


写真(2)

















と、思いきや

IMGP6754















IMGP6755






























超快適空間がそこにありました。

ストーブ有り、座布団有り、電動リール完備です。


前日に楽しくとも寒く辛い思いをしたので、ちょっと安心してしまいました。



スタッフの方から、説明を聞いて、ワカサギ釣りスタートです。

ペーコーさんの初ヒットから続々とは行かなかったけれど、ぽつぽつヒットが。



IMGP6756
















IMGP6758















IMGP6765















写真(1)



































釣果 9匹でした。




P2080084

















一匹も釣れなかったけど、笑顔で去る二人。

このモービル移動もかなり楽しいアトラクションでした。


昼飯のおかずが足りねーな、と心で思っていたら、スタッフのおじさんが冷凍ワカサギがいっぱい入ったジップロックを3つくれました。安心しました。


活きのいい9匹のワカサギと冷たく凍ったジップロック3つを持って場所を移動し、昼ご飯です。


テキパキ準備をし、


カラッと揚がって

P2080104















いただきます。




昼ご飯のあとは、みんなで囲んでふりかえり。



ゆうやん:いままでイグルー作りに挑戦したことはあったけれど、完成は初めて!本気の大人だった。はじめて会うメンバーも多く、おもしろかった。

りってぃ~さん:参加者としてははじめてのアクティブリーダー。山好き・自然好きが集まって面白かった。イグルー作りという工程も楽しかったけれど、やっぱり完成してよかった!

ふじさん:ひたすら楽しかった。イグルー完成もうれしかったし、みんなで寝たこともたのしかった。

ゆったん:誘われて、直感に従って福島に来てよかった!イグルー作りは終わりが見えなくて、いろいろマヒしていたけど、そんななかで自分の成長を感じた。いろんな経験を積んできたからかな?さっきまで生きていたワカサギが食卓に並び、いただきます。感慨深いものがあった。またきます!

しめじ:序盤、イグルーは完成しないだろ~と思っていたけど、作れた!すごい、おれらすごい。ワカサギも釣れてよかった。福島もたのしい!またきます!

わたるん:来るたびに楽しい!みんなでひとつのものを作り上げるっていいな。楽しみにしていたワカサギ釣り、楽しんだし、やってみていろいろと知ることができた。

だださん:10人越えのメンバーでみんなで作業してひとつのものをつくるっていいな~。ワカサギもたくさん連れてよかった。普段できないことがここではできる。八ヶ岳のほうに引っ越すので、参加は最後かも。ありがとうございました。八ヶ岳に遊びに来てください~!

かいと:2回目の参加。ワカサギ釣りを楽しみにしていたけれど、イグルーのインパクトがでかい!完成後、中でみんなで鍋を囲んだのがよかった。なかなか釣れない。これもまた釣りの醍醐味!

じろー:新しい人とたくさん出会い、ずっと笑ってたのしかった。普段は満足するのが早くて、楽な方に流れちゃうけど、なんとしても完成させたいと思えた。きっとまわりに諦めない大人がいたから。またきます!

ペコさん:はじめてづくしの二日間。このメンバーだからイグルーは完成したのだと思う。ひとつのものをみんなでつくるのは楽しい。もっともっとホールアース福島の思い出をふやしていきたいな~!

ワダきさん:3m級のイグルーは最初で最後だと思う(笑)。モットーである「おとなもこどもも本気になる場を作る」改めていいなと思った。これからは湖南の家でいろいろやっていきたい。ワカサギ釣りも次に生かす!




長くなりましたが、
これにて第9回アクティブリーダー 「雪原へ IN TO THE WILD」 終了です。


ホールアース函館支部よりじろうでした。ではまた!






このページのトップヘ