学生アクティブリーダー@ふくしま

ホールアース福島校が実施する、自然体験や体験学習・環境教育に興味のある学生・若手社会人向けの年間講座(一部参加、途中参加OK!) 参加費無料、現地集合・現地解散(最寄駅までの送迎は可)、受動型ではなく能動相互創出型の講座です! 県内・県外含めたネットワーク作りと、将来的に学校や地域、自分の子どもや周りの子どもたちと一緒にアウトドアで遊びたい!自然のことを知って伝えたい!仲間が欲しい! 参加してくれているみんなが、活動している様子を発信してくれているブログがこのブログです! みなさんの参加をお待ちしています!お気軽にどうぞ~^^

ホールアース福島校が実施する、自然体験や体験学習・環境教育に興味のある学生・若手社会人向けの年間講座(一部参加、途中参加OK!)
参加費無料、現地集合・現地解散(最寄駅までの送迎は可)、受動型ではなく能動相互創出型の講座です!
県内・県外含めたネットワーク作りと、将来的に学校や地域、自分の子どもや周りの子どもたちと一緒にアウトドアで遊びたい!自然のことを知って伝えたい!仲間が欲しい!
参加してくれているみんなが、活動している様子を発信してくれているブログがこのブログです!
みなさんの参加をお待ちしています!お気軽にどうぞ~^^

7月1回目の学生リーダーは、
だださん、のぼるん、わたる、わっきー…そしてペコ
男くさいメンバーでスタートです。笑

DSC_0931
















今回は猪苗代湖畔での活動がメイン。
砂や磐梯山からの風邪魔をする
悪状況の中での火起こし!
みんな無事に火を起こせました。


DSC_0941


































ロープワーク教室では
ロープワーク達人のぼるんから、
スタッフへのレクチャーも!

DSC_0933




















湖畔に無事テントが張れ
湖畔キャンプの準備万端!

DSC_0945















湖の夕暮れはとっても幻想的。

DSC_0948
















スーパームーンを湖畔で
たき火をしながら拝む


DSC_0950

















そんなこんなで夜がふけていきます。


2日目は福島校に場所を変えて、
ホールアースがキャンプをする上で大切にしていることや
こどもと関わるうえで心がけていることなど
ペコによるホールアース流キャンプ論の講義


夏キャンプに子どもたちが使うイス作り!
説明書も何もなく見本だけを見ながら
作っていきます。

電動丸ノコやインパクトを使いこなし
合計2個もできあがり~

DSC_0954

















<感想>
・キャンプ論は今までのホールアースの
ノウハウや想いが詰まったもので、
それを無料で聞くことができてよかった。
自身の実践の場に活かしていきたい。
イス作りは意外と楽しかった。
はじめてやること普段できないことができる活動は楽しい。
(だださん)


・ロープワークや火起こしの伝え方や導入が
子どもへの教え方、ストーリーが考えられていた。
自分も子ども達への楽しい伝え方を考えていきたい。
イスや物を作るのは達成感がある。
(のぼるん)


・ライフラインがない環境でも協力すればキャンプができると改めて実感。
モノづくりは達成感があるので、
共働の感動を感じて欲しいというプログラムへの意図。
みんなでワークに分かち合える時間は形になったときの達成感につながる。
子ども達に「自分が作った」と自慢してほしい。
何でも買うという世代に、「大切にしよう」や「作ることができる」と伝えてほしい。
(ペコ)


・「なんでも買う世代」…自分もそうだけどもオーストラリアの生活で
作れるということに気付いた。今は手間も暇もなくなってきた大人の時代で
子どもにも伝わることはなくなった。
プログラムとプログラムの間のゆったりした時間は人となりが表れる。
お互い学びになる。このアクティブリーダーの場が一人や家庭でできないことの
実現できる場になったらいい。
(わっきー)


みなさま、こんにちは。
福島大学大学院地域政策研究科1年の伊藤航です。

大変遅くなってしまいましたが、
6月14日、15日に行われた、第2回学生アクティブリーダー養成講座のブログを書かせていただきます!

今回は、日程が学生の教育実習とかぶってしまい、参加者は自分の含めて2人(笑)
でも少人数な分、一人ひとりにとってとても内容の濃い2日間になったと思います。


第2回の講座を振り返ります。

【1日目(6/14)】
・オリエンテーション
・火起こし教室
・講義『リスクマネジメント論』
・温泉
・夕食作り
・夕食・懇親会

火起こし教室では、
薪・ナタ・マッチ
の3つだけでの火起こしに挑戦!

上手に火起こしができました(^^)


講義『リスクマネジメント論』では、
実際にホールアース自然学校の方々が持っている救急セットを見せてもらったり、
キャンプの絵を見て、どんなところにリスク(危険)が隠れているかを考えました。

夕食・懇親会では、
旬の野菜などを使った料理を食べながら、
参加者同士、自分の生い立ちや出身地のこと、
いまなにしてるかなど、様々な話題で盛り上がりました。


【2日目(6/15)】
・朝食・昼食作り
・朝食
・初夏の山トレッキング
・ふりかえり

初夏の山トレッキングでは、
高旗山に行き、自然に触れながら楽しく登山ができました。
とってもシュールな看板たちは忘れません(笑)



【みんなの感想】
・火起こしでは、2人ともとても慎重で、考えながら火起こしをしようとしているのが伝わってきた。
今回の講座の経験を自分の中に落とし込んでいってほしい。

・子どものような気持ちで臨んだので、本当に子どもの気持ちが分かった気がする。
また、温泉のシャワーを浴びたときは、現代の素晴らしさを改めて実感した(講座で泊まった古民家は水道がまだ通っていなかったので)。

・知っているようなことでも、今回の講座で改めてその大切さが分かった。
例えば、山を事前に下見に行くのは当たり前のことだが、下見しなければ子どもたちに必要な情報を与えることができない。
火起こしはとにかく楽しかった。子どもたちもびっくりすると思う。

・2人とも楽しんでもらえたことにとても感謝。
今回の内容はアウトドアの当たり前のプログラムであるから軽視されがちだけど、
基礎的なことであるからとても重要。



個人的には、火起こしがとてもいい経験になりました。
さっそくこの夏から教わった方法で火起こしして、みんなをびっくりさせたいです(^^)

前回のブログを見ると、
その時も少人数だったようで…
次回の第3回こそ、大人数でワイワイやりたいです!

次回も楽しく学んでいきたいと思います。


【写真集】
IMGP3203IMGP3085IMGP3097IMGP3103IMGP3119IMGP3123IMGP3125IMGP3132IMGP3140IMGP3146IMGP3183IMGP3188IMGP3197




みなさま、こんにちは。

「学生アクティブリーダー養成講座」2014年度の講座がついに始まりましたっ!

今年度から参加しているだだです。僕が今回のブログを担当致します。


実は申し込む前、講座の名称に”学生”と付いてるので、

自分だけ歳がいって浮くのではと内心ドキドキしてましたが、まったくの杞憂でした。

社会人の方もいっぱいいて、楽しい2日間でした。


では、第1回目の講座を振り返ってみましょー!


【1日目(5/17)】

オリエン・自己紹介

ロープワーク

テント設営講習

温泉

夕食(懇親会)


  ロープワークではもやい結びなどの5種類、

  テントはスノーピークの3~4人用の設営方法を学びました。

  夕食にはご近所さんが差し入れてくれた山菜料理やタケノコ汁をいただきました!



【2日目(5/18)】

朝食

講義「自然学校論」

昼食

火おこし教室

振り返り


  火おこしは難しかった~。

  風が強くてマッチに火がついた途端に消えてしまう。

  しかも与えられるのはマッチ3本だけというプレッシャー。

  それだけに薪に火がついた時は嬉しかった☆



【みんなの感想】

・これまでなんとなく火をおこしてきたが、改めてやり方を学べた。

 今年度のキャンプに活かして、子どもたちと楽しんでいきたい。

・「自然学校論」では、自分の団体と照らし合わせながら、いろいろ確認できた。

・自分はソロキャンプばかりで、ロープワークや火おこしの経験がないので

 基礎が知れてよかった。

・この講座の前期でやる内容(ロープワークなど)はホールアースの根っこの部分のようなもの。

 原点に立ち返ったようで落ち着く。

・もっといろんな人に参加してもらえるよう、魅力ある人間性・場所作りに取り組みたい。





今回は少人数での開催だったので、ロープワークは自分のペースで

分かりやすく教えてくれたし、懇親会もじっくり語り合うことができました。


だがしかし、大人数でワイワイするのもキャンプの醍醐味の一つ。

今回参加できなかった方も、次回は振るって申し込みましょう!


【写真集】
IMGP2804 

















IMGP2811

















IMGP2814

















IMGP2815

















IMGP2819

















IMGP2822

















IMGP2824

















IMGP2868

















IMGP2883

















IMGP2888

















IMGP2889






























IMGP2895

このページのトップヘ