みなさま、こんにちは。
福島大学大学院地域政策研究科1年の伊藤航です。

大変遅くなってしまいましたが、
6月14日、15日に行われた、第2回学生アクティブリーダー養成講座のブログを書かせていただきます!

今回は、日程が学生の教育実習とかぶってしまい、参加者は自分の含めて2人(笑)
でも少人数な分、一人ひとりにとってとても内容の濃い2日間になったと思います。


第2回の講座を振り返ります。

【1日目(6/14)】
・オリエンテーション
・火起こし教室
・講義『リスクマネジメント論』
・温泉
・夕食作り
・夕食・懇親会

火起こし教室では、
薪・ナタ・マッチ
の3つだけでの火起こしに挑戦!

上手に火起こしができました(^^)


講義『リスクマネジメント論』では、
実際にホールアース自然学校の方々が持っている救急セットを見せてもらったり、
キャンプの絵を見て、どんなところにリスク(危険)が隠れているかを考えました。

夕食・懇親会では、
旬の野菜などを使った料理を食べながら、
参加者同士、自分の生い立ちや出身地のこと、
いまなにしてるかなど、様々な話題で盛り上がりました。


【2日目(6/15)】
・朝食・昼食作り
・朝食
・初夏の山トレッキング
・ふりかえり

初夏の山トレッキングでは、
高旗山に行き、自然に触れながら楽しく登山ができました。
とってもシュールな看板たちは忘れません(笑)



【みんなの感想】
・火起こしでは、2人ともとても慎重で、考えながら火起こしをしようとしているのが伝わってきた。
今回の講座の経験を自分の中に落とし込んでいってほしい。

・子どものような気持ちで臨んだので、本当に子どもの気持ちが分かった気がする。
また、温泉のシャワーを浴びたときは、現代の素晴らしさを改めて実感した(講座で泊まった古民家は水道がまだ通っていなかったので)。

・知っているようなことでも、今回の講座で改めてその大切さが分かった。
例えば、山を事前に下見に行くのは当たり前のことだが、下見しなければ子どもたちに必要な情報を与えることができない。
火起こしはとにかく楽しかった。子どもたちもびっくりすると思う。

・2人とも楽しんでもらえたことにとても感謝。
今回の内容はアウトドアの当たり前のプログラムであるから軽視されがちだけど、
基礎的なことであるからとても重要。



個人的には、火起こしがとてもいい経験になりました。
さっそくこの夏から教わった方法で火起こしして、みんなをびっくりさせたいです(^^)

前回のブログを見ると、
その時も少人数だったようで…
次回の第3回こそ、大人数でワイワイやりたいです!

次回も楽しく学んでいきたいと思います。


【写真集】
IMGP3203IMGP3085IMGP3097IMGP3103IMGP3119IMGP3123IMGP3125IMGP3132IMGP3140IMGP3146IMGP3183IMGP3188IMGP3197